top of page
検索

おかみさんの唄〜小料理屋の女将さんの歌〜

更新日:4月18日

お客さんを温かく迎えるおかみさんとその小料理屋を深く愛する常連の皆様へ......



憧れていた夢を捨てて 添い遂げると決めたあの人の夢 ともに叶えた

必死で 二人で 育てた この小料理屋 いつの間にかここらで一番古い店になってたんだって


駅から遠い モダンでもない こんなに店に通ってくれたあんたらがいたから

息子は夢を追い あの人を失い それでも ここだけは守りたかった 

あの日から


ここがあたしの全て 6畳そこらの人情劇

付け台から霞む笑顔と悔し涙 

今日は少ししゃべりすぎた


こんなに大きな鍋 自宅で使わないし あの子らの伝説の喧嘩の後がまだ壁に残ってる

最近来ないあの独りもんはちゃんとやっていけているかな

まみちゃん ごめん 会社の愚痴 ここではもう聞けないよ


得意の肉じゃが 何度作り方教えても まだ通ってくれるあんたらがいるから

いつの間にか 「お母さん」なんて呼ばれて くすぐったくて 嬉しくて


「ここと同い年だったのに 俺の方が歳食ってっちゃうんだな」なんて

笑った 最後の夜


ここがあたしの全て 6畳そこらの人情劇

付け台に滲む笑顔と悔し涙

今日は少ししゃべりすぎた


今日も少ししゃべりすぎた


お互い元気で生きていこうね

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page